The 20th “Takamatsu” International Symposium for PD & MD in TOKYO第20回高松国際パーキンソン病シンポジウムin TOKYO


2021年3月13日(土)9:30~18:00

  • Welcome message 会長挨拶

会長挨拶Welcome message

この度、The 20th “Takamatsu”International Symposium for PD & MD を2021年3月13日(土)に、順天堂大学A棟講堂にて開催の運びとなりました。
パーキンソン病の最先端の情報発信と、国際交流を深め、本領域の発展に一層貢献することを趣旨として、2002年より日本神経学会名誉会員の山本光利先生が大会長としてご尽力を尽くされ、この度、第20回目の大会を迎えることになりました。山本先生はこれまで、アジアを始め世界各国よりトップエキスパートを招聘し、とても有意義なシンポジウムを開催してこられ、我が国唯一のパーキンソン病関連の国際シンポジウムの発展に、貢献されてこられました。パーキンソン病の研究の更なる進化と発展することを祈念し、有意義なシンポジウムとなるよう鋭意準備を進めていく所存です。

なお、今回は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大の影響により、事前参加登録制による会場規模を縮小した現地開催とWEB開催(リアルタイム配信)のハイブリット開催とさせていただきます。例年とは異なり、皆様には大変ご不便をおかけすることとなりますが、会期中はでき得る限りの感染症対策に留意しながら、開催をさせて頂きます。
多数の皆様のご参加をお待ちしております。


2021年1月

The 20th “Takamatsu”International Symposium for PD & MD
大会長 服部 信孝